INTERVIEW


 

 

「チームで共有することで解決できることを学んだ。」

 ソリューション部 井上 誠実(いのうえ まさみ)さん

佐賀県出身。工業高校を卒業後、整備士として地元のディーラーに就職したがゲームを作りたいと思い、転職を決意。アルバイトをしながら進学資金を貯めて、福岡の専門学校へ進学し、卒業後、BSSにエンジニアとして入社。

BSSに入社するまでの経緯を教えて下さい。

BSSだったら、いろいろなことにチャレンジできると思った。

地元の工業高校を卒業後、整備士としてディーラーに就職しました。半年経った頃に無性にゲームを作りたいという気持ちが高まり、昔から興味をもっていたプログラムを作る仕事への転職を考えるようになりました。転職するためにプログラミングを学べる専門学校へ進学することを決め、その後は地元の海苔漁師のアルバイトで2年間で進学資金を貯め、福岡の専門学校へ進学し、プログラミングについて学びました。

就職活動の時期になり、学校訪問に来られていたBSSの社長と面談をする機会があり、BSSという会社を知りました。私は性格上いろいろなことをやってみたいと思うタイプなのですが、面談を通して、BSSだったらいろいろな分野にチャレンジしたり、経験を積むことができていいなと思いました。また、なるべく実家に近い九州の会社で就職したいという思いもあったので、BSSに入社をきめました。

BSSに入社してからを教えて下さい。

疑問に思ったことは一人で悩まずに、チームで共有して解決。

最初は、新規システムのテスター業務に従事していました。初めて触れるモデルのプログラムだったので、難しいと感じることも多くありましたが、分からないことは先輩や上司に質問しながら進めていきました。徐々に、簡単な改修作業も取り組めるようになりました。その後は、既存システムの改修業務にも携わるようになり、現在は、チームでシステムの開発業務に取り組んでいます。

入社してからもうすぐ1年が経ちますが、少しずつ業務にも慣れてきているように感じます。分からないことや疑問に思ったことは一人で悩まずに、チームで共有して解決しています。

 

仕事している中でどんな時に喜びを感じますか?

「やるやん!」と褒められたときは、「よっしゃ!」と思いますね。
まだまだ失敗も多くて、自分の中で満足のいく仕事ができていないので、自分が作ったプログラムや環境を「すごい!」と言ってもらえるような人になれるよう成長していきたいと思っています。

社内の雰囲気について教えてください。

「上司部下の距離感が近い」

上司部下の距離感が近いです。
本社内は20代~50代まで幅広い年齢層の人が働いていますが、フレンドリーな雰囲気で話しやすいなと思います。
毎朝朝礼をしているのですが、先輩がスノボの話をしていました。わたしもスノボ行きたいなと思ったので、何人かに声をかけて地元の佐賀にスノボをしに行きました。道中は道に迷ったりとアクシデントもありましたが、楽しかったです!帰りはみんなで牡蠣小屋に行って、はじめて牡蠣を食べました。もっとこの味を早く知っておけばよかった...美味しかったです!

今後どんなことをやってみたいですか?

VRやスマホアプリの開発をやってみたい。

既存のシステムの改修だけでなく、新しい言語・新しい技術を使った開発にも取り組んでいけたらいいなと思っています。
具体的には、VRやスマホアプリの開発をしてみたいです。面白いことをすることで同年代の若者を増やしたいし、今までVRなどに触れたことがない高齢者の方などに楽しんでもらえるようなものを作れたらいいですね。新しい技術には、どんどんチャレンジしていきたいです。

入社を考えている人に向けてメッセージをお願いします。

「いろいろな分野にチャレンジしたい人」にオススメです。

BSSは上司・部下の距離が近く、分からないところは相談にのってくれますし、間違ったことをしている時は指摘してくださり、丁寧に指導してもらえていると感じています。また、いろんな分野について触れる機会があるので、一つの分野だけでなく、いろいろな分野にチャレンジしていきたい人は、いいと思います。

個人的には、同年代の若者がもっと増えたらいいな…と思っています!